FC2ブログ

第30回樹林将棋研究会

僕は西新橋の囲碁将棋カフェバー「樹林」を使って、月1ペースで樹林将棋研究会というイベントというか、プロ棋士の指導対局会を開催しています。樹林は、僕が会社を辞めて、将棋を再開しようかと考えていた時に、どこかで、将棋指せるところはないかと思ってネット上で探し当てた場所でした。そこで将棋の会をやろうと、最初はプロ棋士とか呼ぶつもりもなく、開催をネット上で呼びかけてみたら、それに応じてくれた見ず知らずのお二人がいて、実は後から考えると、この2人にお会いできたのは神様のお導き、というか、僕のその後の人生を大きく変えてくれました。その辺りの経緯は、また別途このブログで書いていきたいと思います。

さて、いつも前置きが長くなるのと、文章も長い(苦笑)のも僕の特徴でもありますが、9月4日(金)開催の第30回樹林将棋研究会のレポートを写真中心で行います。

この日のゲスト棋士は遠山雄亮五段でした。ちなみに、このゲスト棋士という表現、以前は連盟とかは、指導棋士という言い方をしていたと思うのですが、指導棋士と言うと、四段になれなかったけど、連盟に残ってアマチュアの指導をする指導棋士と区別がつかないと思って、自分がゲスト棋士という表現をあちこちで使っていたら、連盟もゲスト棋士と言うようになった気がします(気のせいか)。。
また前置きしてしまいましたが、まずは全体雰囲気。

150904全体雰囲気遠山先生

この日は、12名の参加でしたので、遠山先生には四面指しで指導対局していただくことにしました。
そして、この日一番驚いたのは、樹林将棋研究会史上初の、囲碁プロ棋士の参加者がいたことでした!

囲碁プロ棋士久保秀夫六段

写真向かって左側が、日本棋院の囲碁プロ棋士、久保秀夫六段です。日本棋院の将棋部の幹事で、なおかつ、将棋連盟の遠山先生と同じように、日本棋院でネット担当をやっているそうです。今度、樹林で、指導碁会をやるみたいなので、そちらに興味のある囲碁ファンの方は、樹林に問い合わせてみてください。僕としても、囲碁棋士と繋がれたのは嬉しい限り。今後、この会に、他の囲碁棋士と一緒にまた参加してくれそうですし。
そして、この写真の真ん中、久保さんの隣で対局している子供がいますが、連盟道場2級、新宿将棋センター二段のHY君。一部でこの日一番人気は遠山先生でなくHY君との噂があったりしました。笑。参加者の皆さんが、子供を鍛えてくれて、僕としても、とても嬉しかったです。

そんな、子供との対局いただいた様子の写真その1。

子供対局

その2。

子供対局2

その3。

子供対局3

みなさん、子供とばっかり対戦しているようですが、大人同士の参加者対戦ももちろん行われます。こちらでマッチメークいたします。

参加者同士対局


そして、樹林将棋研究会の特徴の一つは、飲食付き、ってことです!アルコール飲料含めてのフリードリンクと樹林の中山店長のおいしい料理が本当に嬉しいです。

料理達

この写真だと量が少ないようにも思うかもしれませんが、これは一部で、この後、鶏のから揚げや、焼きそば等、お腹にたまる料理も出てきます。

そして、もうひとつの樹林将棋研究会の特徴は、指導対局勝利者にプレゼントされるゲスト棋士の直筆色紙!
普通はお金出さないと色紙手に入れること出来ませんよ。
その色紙ですが、ネットにアップすると、皆さん解いて喜ばれる詰将棋を最近は良く書いていただいています。

詰将棋2題、その1。左は三手詰め、右は11手です。右は樹林さんへとありますので、樹林に行けば見ること出来ますね。

詰将棋1

詰将棋2題、その2。左が11手詰め、右が3手です。左は、ちゃっかり自分の棋心サロンに飾ろうと思って、遠山先生に頼んで書いていただいた色紙です。こちらの11手つ目の方が、その1より持ち駒少なく、取っつき易い感じです。

詰将棋2

この日、指導対局勝利で、見事、色紙ゲットは4人。(女性と子供参加者は、指導対局に勝利しなくても色紙贈呈しています。)
それでは、四人の勇者たちの写真を勝利順に記念写真掲載です。

1人目勝利者。

勝利者1

2人目勝利者。

勝利者2

3人目勝利者。

勝利者3

4人目勝利者。

勝利者4

この樹林将棋研究会ですが、たまに会員制と勘違いしていた参加者・ゲスト棋士の方がいたりしますが、そんなことはありません。誰でも参加できますので、詳細、文化の旅企画・棋心HPを参照して、ぜひご参加いただければと思います。



テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

天童旅行計画

10月に、将棋の駒生産で有名な天童に旅行に行こうと思っています。そのメインの目的は、駒の購入です!
いろんなところに出かけて行って将棋を指すのに、あまり高い駒はどこかに置き忘れたりするのが怖いですし、かといって、指導対局など、できれば、愛着のあるMY駒で指すようにしたいと考えたわけです。気軽に持ち歩けるMY駒が欲しい!笑。そして、ある将棋の会に参加した時に、他の参加者の方で、天童で購入したMY駒を使って指している人を見て、自分も一度天童に行って、駒を購入しようかと思いました。

自分は実はまだ、一度も天童行ったことないんですよね。サラリーマン時代に同じ山形の米沢に関連会社があった関係で、ツバサに乗って米沢で降りたことは、結構数えきれないほどありましたが、天童は一度もありませんでした。あの頃、もう将棋全くやめていましたしね~。特に天童に行ってみたいとも思っていませんでした。

前置きが長くなりましたが、天童市に問合せたら、写真のようなパンフレット類を送ってきてくれました。
「湯のまち 天童 あなたの旅に、王手」っていうフレーズが面白かったです。これ将棋を全く知らない人が見たらなんて思うんだろう。笑。

天童市より

天童将棋駒のパンフレットには天童駒作りの歴史等書かれています。

駒パンフ1

そして、駒製作の工程や、種類も。

駒パンフ2

もうちょっと詳しく駒のことが知りたくなって、最近は、こんな本を読んでします。

本2冊表紙

そして、自分らしいな、って思うのは、この2冊の本の両方ともサイン入りってことです。

本2冊サイン入り

右は駒研究会の増山さんに本そのものもいただいたかと思いました。僕の大学時代の同級生(駒研究会に所属)も言っているのですが、駒は飾っておくだけでなく、使わないといけない、とのことで、駒研の人はみんな同じポリシーなのかな。そして、左の本は、駒収集家でもある竹井さんにサインいただきました(竹井さんは著者ではないですが、竹井さんのことが書かれたものです)。

さて、肝心な天童旅行の旅程ですが、10月17,18日の予定です。17日の午前中に東京から天童に移動して、午後は将棋資料館見たり、観光して、駒商店で、駒の携帯ストラップ作り体験して、駒購入。翌18日は天童市民将棋大会に参加します。
金曜日中に移動すれば、土曜日のアマ王将予選会(大山杯とか言うらしいです)にも参加できるのですが、同行の人の都合もあって、土曜日移動で、日曜日の方の大会に参加します。
さて、今から楽しみだな。旅行の楽しみの半分(?)は計画しているときって、本当ですね。笑。


テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

第5回棋楽将棋研鑽会

社団戦を先に書いてしまったので、前日(8/29)に行った棋楽将棋研鑽会のレポートが後回しになってしまいました。。この会は今回で第5回ですが、最近は徐々に参加者も増えてきて、この日は11人の参加でした。初段を目指す級位者中心の会ですが、有段者の方も駒落ちで手合割りトーナメントに参加できますので、級位者を鍛えてあげよう、などと思っている有段者の方はぜひご参加ください。ちなみに月一開催予定で、今月(9月)は27日(日)に予定です。

さて、例によって、写真で紹介。まずは全体雰囲気から。
全局対局時計を使用して15分持ちの切れたら30秒の秒読みです。真剣な雰囲気が伝わってきますね。

全体雰囲気50829棋楽

次の写真ですが、奥の方、女性参加者も奮戦です!ちなみに、手前側こちら向きは中学生。

女性参加者も

そして、小学生も奮戦です!時々、子供でもこの会に参加できますか?という質問を受けることがあるのですが、もちろんOKです。また、奥に見えます色紙2枚は優勝、準優勝者にプレゼントされるプロ直筆色紙です(優勝者が好きな方を選べます)。この賞品も棋心ならではで、好評です。

子供参加者も奮闘

そして最後は、この日の優勝者記念撮影です!色紙ゲットで満足そう。

            優勝Fさん幅400

写真はありませんが、この日終わった後も有志の方、何人かといつもの中華へ打ち上げ行って、将棋談義に花を咲かせて、とっても楽しかったです。やっぱり何でもそうでしょうけど、同じ趣味の仲間っていうのは良いですね~♪



テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

社団戦四日目団体個人戦 ~文旅・棋心 所縁の棋士達編~ その2

昨日の続きで社団戦四日目の団体個人戦の写真です。

まずは、職団戦の日立製作所チーム同僚の丁子さん(左側、黄色の光OKACHIゼッケン)と、やはり日立製作所チーム同僚の田中英幸さん(丁子さんの右、二人目)。田中さんはゼッケンしていませんが、社団戦も日立チーム。お二人とも、棋心最強研参加いただいたことあります。

10丁子さん田中英さん

次は知り合いが連続で並んでいるので思わず写真撮ってしまいました。手前右から、大学同級生の稲垣さん、日立の土谷さん、棋心棋楽研鑽会や指導対局会常連の清家さん。稲垣さんは、この日見事4連勝とのこと!

11稲垣さん清家さん土谷さん

NEC玉川将棋部の磯谷さん(向こう側右奥)。NEC玉川の纏め役でもあり、1度棋心最強研にも遊びに来てくれました。

12磯谷さん

テーブル奥側の右、扇子を持っているのが、奥秀夫さん。慶應将棋部の先輩で調布在住。調布市民大会にはいつもご参加いただいております。

13奥さん

右から2人目が高橋依里さん。この前日の棋心棋楽将棋研鑽会にも参加、見事4位入賞でした。

14高橋依里さん

左側、一番手前が長谷川千夏さん。棋心最強研に1度参加いただいております。

15長谷川千夏さん

赤の常笑会のゼッケンは、中屋敷太一くん。電通大将棋部の学生で、僕の調布教室をいつも手伝ってもらっています。

16中屋敷くん

右側、盤面をにらみつけて顔が良く見えませんが、田中伸幸さん。前日の棋心棋楽将棋研鑽会にも参加です。

17田中伸幸さん

一番右側が渡邊さん。家が近く、棋心には何度か遊びに来ています。一人置いて、伊藤潤さん。今年と、一昨年のやすらぎ将棋大会に参加です。

18渡邊さん伊藤潤さん

さて、三日間にわたって、社団戦ネタでした。東京近郊の強豪で社団戦に参加していない人は、まず少ないでしょうね。団体戦は本当に楽しいです!



テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

社団戦四日目団体個人戦 ~文旅・棋心 所縁の棋士達編~ その1

昨日の続きで社団戦四日目団体個人戦。今日は、文化の旅企画や棋心に所縁のある人たちを紹介していきます。写真整理したら、紹介する枚数が予定より大幅に増えていたため、今日、明日の二日間に分けて掲載します。

まずは、棋心のメインイベントである最強研と言えばこの人、天野貴元さんです!

1天野さん吉池くん

退院おめでとうございます!ちょっとまた痩せたようですが、大会に出られるようになって良かったです。
そして、天野さんの隣の緑の服の小学生が、吉池隆真くん。去年の文化の旅企画の夏合宿の参加者で、今年の奨励会入会試験に合格!です。

天野さんの写真をもう1枚。相手は栗尾軍馬さんで、栗尾さんの隣が棋心最強研の常連でもある山口裕誠くん。

2天野さん栗尾さん山口くん

山口くんの写真をもう1枚。山口くんも今年の奨励会試験を受けており、結果は彼の実力なら当然の合格。もうアマチュア大会では彼の雄姿は見られなくなりますね。

3山口くん

オール明治で参加の大岩駿介さん(右側紫のゼッケン)。棋心最強研では、天野さんに唯一の黒星をつけ、最多の8回優勝を誇っています。

4大岩さん

オール明治はもう一人、棋心最強研2回優勝の田中聡一郎さん(右から2人目、紫ゼッケン)。オール明治は1部で陥落ピンチのため、大岩さんと共に勝ち点稼ぎ狙いで一般クラスに参加だそうです。

5田中聡一郎さん

そして、最強研、棋心プロ指導対局、樹林将棋研究会と常連の北さん(白地に赤のオール外語大ゼッケン)。オール外語大チームは、北さんが作って、今期から社団戦参入のチームです。

6北さん

左側、蒲田で参加の田尻隆司さん。アマ名人戦に8年ぶりの神奈川代表となっており、今週末の全国大会(9/5-7)に向けて調整中ですかね。最強研には何度か登場ですが、残念ながら優勝は無し。一緒に飲んでも楽しい人で、ぜひまた棋心に遊びに来て欲しいですし、棋心の子供達にもいっぱい将棋を教えて欲しいです。

7田尻さん

向こう側左がNEC将棋部繋がりの廣田公潤さん。職団戦A級で20何連勝かの記録の持ち主です。そしてその右隣の小学生が太田海理くん。1枚目の写真の吉池隆真くんと同様、文化の旅企画の夏合宿参加組、かつ、今年の奨励会入会試験合格組です。太田くんのお父さんの関係で、彼はNEC将棋部の例会に来ていたこともあるので、隣の廣田さんとは対戦経験があると思います(この日も隣に座っているということは、対戦したかも、ですね)。

8太田海理くん廣田さん

今日、最後の写真は、文旅・棋心と所縁と言うわけではないですが、最近引率等で子供大会行くと良く見かける岩松達哉くん。今年の小学生名人です(手前、黄色の服、蒲田のゼッケン)。

9岩松小学生名人

彼はプロ棋士志望ではなく、今年の奨励会入会試験も受けてないようです。将棋をちょっとみたら、相穴熊の将棋で攻め合い1手勝ちしっかりしていました。現代風の勝ちやすい将棋が小学生名人獲得の原動力だったかもしれませんね。この日は、残念、3戦目に討ち取られて、3勝1敗でした。

さて、全部で18枚ピックアップした写真のうち、9枚紹介しました。明日残りの9枚を紹介することにします。
それでは、今日はこの辺で。



テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

プロフィール

kigokoro2015

Author:kigokoro2015
囲碁・将棋の旅行企画や教室等をやっています。
平成26年度 社団戦に子供チームで新規参入!
府中囲碁将棋サロン 棋心 開設!
平成28年度 高田馬場将棋教室・道場 棋心 開設!
文化の旅企画・棋心 代表 石田克彦

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
125位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR