FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦2016三日目 その1

8月28日(日)、浅草の産業貿易センター台東館で行われた社団戦三日目に行ってきました。3部リーグ赤の文化の旅企画チームはこれまで7勝1敗、全勝のドラの穴に続いて第2位という状況でした。ただし、選手集めという意味では、直前に行われた奨励会入会試験で、今年文旅チームで参加していた二人が合格したため社団戦に参加できなくなり、大変厳しい状態でした。でもそれは、子供中心の文旅チームの宿命とも言えます。2014年に4部で初参加した文化の旅企画チームですが、今年で3回目を迎えた奨励会試験で今年の二人を含め、通算4人のメンバーが奨励会入りしています。特に今年の2人はチーム創立以来、ずっと主力で戦ってくれていた佐伯和真くんと小窪碧くんなので、簡単に埋まる穴ではありません。(ちなみに後の二人は一昨年奨励会合格した新田康輔くんと去年合格の太田海理くんです。)来年以降は、今の小中高校生メンバーそれぞれの底上げと今期六部で出場の棋心ジュニアから一人でも二人でも引っ張り上げることが出来ればな、と考えています。

さて、前置き長くなりましたが、この日の様子を写真中心でご紹介です。まずは3部リーグ赤の文化の旅企画チームの集合写真から。あてにしていた中高生の不参加により、大人メンバー追加と静岡から小中学生が参加してくれて、何とか7人揃いました。
s-0文旅チーム三日目

文旅チームの戦う勇姿その1は初戦の理科大OB会戦から。初戦はいつでも少し緊張しますね。
s-1文旅理科大OB

第2戦の光OKACHI3戦から。相手の大将で指している女の子もいつもは下位で出てますし、相手のオーダーは、こちらのオーダーに合わせて狙い撃ちっていう感じでした。この試合は、小中高生の頑張りがあって、この日唯一最大の苦戦で、なんとか4-3勝ちでした。
s-2文旅光オカチ3

文旅チームの最後の1枚は、この日の最終戦、対丸紅OKI戦でした。相手の大将は崎浦さんで、こちらの相手が田尻さんとわかっていても避けない性格の人とわかっていたので、さきほどの光OKACHI戦と違って、ある意味気楽でした。
s-3文旅丸紅沖

この日の文化の旅企画チームですが、以下の通り4連勝という成績でした。

■文化の旅企画(3部リーグ赤)三日目成績
1回戦 対理科大OB会 6-1勝ち
2回戦 対光OKACHI3 4-3勝ち
3回戦 対北千住猛爆隊 6-1勝ち
4回戦 対丸紅OKI 6-1勝ち
通算成績(11勝1敗、個人勝ち数62、リーグ内順位:1位)

4回戦が終わって、事務局にメンバー表の提出に行くと、3部リーグ赤で全勝で突っ走っていたドラの穴チームが、1敗を喫したことが分かりました。急いで個人勝ち数計算したら、うち(文旅チーム)の方が勝ち数差で1だけ上回り、ついに三日目終了時点で、3部リーグ赤で首位に立ったことを知りました。一瞬でも首位に立ったのは、気分が良く、東将連のHPの順位表は更新されていませんが、表の更新を楽しみに待ちます!なんとか2位内、無条件2部昇級を勝ち取りたいです。

次は、6部リーグ赤の棋心スピリットチームです。6部リーグ赤の終了時間が、ほぼ3部リーグの終了と重なっていたため、なんと集合写真を撮り損ねました。対戦写真でメンバーの様子を見ていただきましょう。

この試合では上と下のオーダーを入れ替えたのかな。棋心スピリットの女性2人(佐藤さん、室井さん)が並んで指していたので写真を撮りました。
s-4スピリット1

この試合では棋力順オーダーかも、です。室井さんは抜け番観戦中。
s-5スピリット2


この日の棋心スピリットの成績ですが、以下の通りでした。三日目にして、初の4連勝!リーグ内順位は5部昇級できる3位に浮上したようです!この調子で残り二日も頑張って欲しいです。

■棋心スピリット(6部リーグ赤)三日目成績
1回戦 対丸紅OKI2 5-2勝ち
2回戦 対NES 4-3勝ち
3回戦 対小金井棋友会2 4-3勝ち
4回戦 対将棋ネット 4-3勝ち
通算成績(9勝3敗、個人勝ち数50、リーグ内順位:3位)

続いて6部リーグ白の棋心ジュニアチームです。まずは恒例の集合写真から。棋心ジュニアのメンバーは自分の府中、調布、国分寺といったところの子供教室メンバーが約2/3、残りは将棋合宿の参加常連の子供達、という感じの構成です。そして、今回は静岡から新参加の子供も加えて総勢9名で臨みました。
s-6棋心ジュニア集合

棋心ジュニアの戦う勇姿。手前がエースの小雀悟くん。小雀くんは棋心支部会員でもあります。でも棋心ジュニアチームはトランプくじで抜け番やオーダーを決めているので、意図的に強いから上、とか決めているわけではありません。子供達が、楽しみながら強くなる、というのを目標にやっていますので。
s-7棋心ジュニア

棋心ジュニアの対ねこまど戦。相手の大将は棋心支部会員の内山あやちゃん!
s-8ねこまど棋心Jr

対ねこまど戦は、ずらっと棋心にも指しに来てくれるメンバーが並んでいましたので、もう1枚写真掲載です。棋心支部会員の清家さんの顔も見えます。
s-8ねこまど棋心Jr2

次の写真は対棋松会戦です。オレンジ対決!笑。というか、相手の大将に棋心支部会員の小林昇さんが座っていたので、これはもう記念に写真撮るしかないです。後ろで観戦中の清家さんの姿も見えますし~。笑。
s-9棋松会小林昇さん

棋心ジュニアのこの日の成績ですが、以下の通りでした。

■棋心ジュニア(6部リーグ白)三日目成績
1回戦 対棋松会 5-2勝ち
2回戦 ねこまど 3-4負け
3回戦 大野教室2 5-2勝ち
4回戦 天野チルド4 4-3勝ち
通算成績(8勝4敗、個人勝ち数53、リーグ内順位:3位タイ)

なんと棋心ジュニアチームも同率(チーム、個人共勝ち数同じ)ながら昇級圏内の3位以内に浮上してきました!正直、今年6部で2チーム出すときに、有段者・級位者が約半々の大人チーム、棋心スピリットは、うまくやれば昇級出来るかも、と思っていましたが、初段前後の子供達ばかりの棋心ジュニアは、あまり勝てないのではないかと心配していました。強い有段者が何人かいれば、棋心スピリットはオーダーの工夫次第で、半分級位者でもチームとしては勝てると思いましたが、全員が同じような初段前後の棋力では、棋心ジュニアチームはオーダーに妙味が無いっていうか、オーダーに工夫の仕様がありませんからね~。
でもこうなったらこのチームも5部昇級を目指して欲しいです。

以上で、社団戦2016三日目のその1として、うちのチーム(文化の旅企画、棋心スピリット、棋心ジュニア)のレポートは終了です。その2では恒例によって、自分が写真を撮った知り合いチームの紹介をしますので、お楽しみに~。





スポンサーサイト

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

世界の将棋大会2016夏

棋心でもクアトロボーディアン交流会という世界の4つの棋を楽しむ、というイベントを年に2、3回行っていますが、この「世界の将棋大会」は毎年夏の今頃と年末の年2回、行われているようです。
今回、先日の棋心クアトロボーディアン交流会にシャンチー協会の山中さんがこの大会のお知らせプリントを持ってきてくれたので、偶然オフの日だったこともあり、初参加しました。例によって、写真中心で紹介です。

まずは、この大会の主催者ですが、左の将棋プロ棋士の所司先生です。そして、右は、将棋の羽生さんにチェスを教えたことで有名なジャック・ピノーさん。
s-2所司先生&ピノーさん

世界の将棋大会では、知らない種目を教え合って、指して楽しむ、というのもあるのですが、専門家の素晴らしい技を観て楽しむ、という、いわゆる「観る将」(=観る将棋ファンのことを最近はこう言います。日本将棋ファンはご存知ですが。)の方も楽しめます。

まずは、所司先生の異種6面指し。向こう側の盤面が見えませんが、チェスです。そして、真ん中がマークルックで、手前がチャンギ。
s-0所司先生異種6面指1

所司先生の異種6面指し、もう一つの対戦テーブル。手前から、シャンチー、日本将棋、どうぶつ将棋。6つにどうぶつ将棋が入っていたのが面白いです。もし誰もどうぶつ将棋で参加する人がいなかったら自分が参加の予定でしたが、直前で子供が参加したいと言い出したので、自分は観戦に回りました。またこのイベントに参加することがあったら、シャンチーかチェスで参加してみたいと思いました。
s-1所司先生異種6面指2

ここで参加者たちが世界の将棋を楽しんでいる会場の様子を紹介します。まずはその1。みんな楽しそうです。
s-10風景1

その2。早稲田OBで元奨励会三段の古作さんの顔が見えます。自分が慶應の3、4年生の頃に、当時黄金時代であった早大将棋部に中高時代から既に強豪として有名であった古作さんが加わって、早稲田将棋部は盤石の強さになりました。慶應も関東の第2代表で早稲田と一緒に王座戦とか行きましたけど、全国優勝の早稲田とは、実力はだいぶ差がありました。ちなみに、当時の早大将棋部の大将は自分より1年先輩の小島一宏さん、現在は埼玉で超有名な将棋教室「ドラの穴」を主宰しています。
s-3風景2

話がズレてしまいましたが、戻して、その3です。楽しさの中に勝負を争う真剣さがありますね~。
s-4風景3

そして、次の写真は、ジャック・ピノーさんによるチェスの6面指しです。右側がピノーさん。6面目隠しで指すなんて、ピノーさん、凄いな。さすが、羽生さんにチェスを教えただけのことはありますね~。
3,4年前ですが、実は自分は四谷の日仏学院でピノーさんが開催しているチェスクラブに2回ほど行ったことがあります。そこでルールは教わりました。でもその後、水曜日に子供将棋教室を始めたため、そのチェスクラブには全く行けなくなってしまいました。ピノーさんと話したけど、チェスは競技人口が(日本では)少なく、自分の都合(時間、場所)に合わせて指せる、将棋で言う道場みたいなところがないのが残念とのことでした。
s-6ピノーさん目隠し6面指

そして次の写真は、挨拶をする宗さん(真ん中)です。宗さんはこの日チャンギを皆さんに熱心に教えていました。実は自分もこの日、チャンギを生まれて初めて教わりました。
s-8宗さん

宗さん、チャンギ指導中です。打ち上げで宗さんに聞いたところ、韓国にも日本将棋連盟のようなチャンギのプロ組織は存在するそうです。しかし、日本の新聞社のようなスポンサーがいないため、チャンギのプロは対局だけでは食べていくのが難しい状況があるそうです。そのあたりを日本の将棋連盟にヒアリングに来たりしているそうです。
s-5宗さんチャンギ指導中

さて、自分はチェスとシャンチーは駒の動かし方くらいがおおよそわかる程度の入門者ですが、この日はチャンギを宗さんに教わりました。チャンギは盤駒を見るのも初めてでしたが、パッと見はシャンチーと区別がつきませんでした。
写真左がシャンチーで、右がチャンギ。チャンギにはシャンチーのような河はありません。また駒も名前は似たようなものがあるのですが、動かし方は、微妙に、というか、やっぱりかなり違っているので、混乱しましたし、難しかったです。
s-9シャンチー&チャンギ

この日、チャンギも初めて見ましたが、もうひとつ、今まで写真でしか見ることがなかったのが、タイのマークルックです。
初期の駒の並べ方は以下の写真のようになるそうです。マークルックはこの日の来場者でも出来る人が少なかったですが、自分は古作さんに教わりました。古作さん曰く、マークルックは引き分けがかなり多いらしいのですが、確かに日本将棋と違って竜のような強力な駒はないですし、持ち駒ももちろんないですから、決着がつきにくいと思いました。
s-8マークルック

いやー、それにしても楽しい会でした!そして、この後の打ち上げも楽しかったです。1日でいろいろな人とずいぶん仲良くなれたように思います。所司先生とも随分いろいろな話も出来て、良かったです。今度所司先生の主催する他のイベント等に参加してみたいな~。そして、次回のこの会はおそらくは今年の年末頃にあるみたいです。自分は、年末は子供合宿開催でおそらく参加できないと思いますが、このブログを読んで興味をもった方がいたら、楽しい会ですので、ぜひご参加ください。





テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

棋心将棋教室の動画を作りました!

題名の通りですが、棋心将棋教室の動画広告を作ってみました。まずは、下の動画を見てください。




この動画がいつ流れるかと言うと、みなさんがYouTubeの動画を何か検索して見るときに、まずCFが流れますよね。そして5秒後にスキップ出来るようになる、あれですね。この動画は東京都、神奈川県、それから埼玉県の一部の地域で見ることができます。

そして、この動画を見て、みなさんどう思われましたかね?
感想等をこのブログのコメントに入れていただけると嬉しいです。

棋心の子供将棋教室ですが、この動画を撮影した日は、せりふをしゃべる二人の子供には約束して来てもらいましたが、あとの子供達は特に撮影があるから集まってもらったわけではなく、いつもどおり普通に教室に来た子供達を撮影しただけです。この分倍河原の棋心教室は、だいたい10~15人くらいの人数の子供達が毎回参加して、楽しく将棋指していますが、それが、この動画を見てくれた人に伝わってくれると嬉しいです。そして、この動画を見て、棋心教室に参加してみようかと思う将棋キッズを持つ親御様達、棋心は楽しいですし、強くなれますよ~、ぜひ1度遊びに来て下さい。




テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

将棋教室対抗戦2016

8月に入って酷暑とも言える暑い日が続いていますが、8月11日(木)の山の日に将棋教室対抗戦に参加してきました。去年は調布ジュニア将棋教室から1チーム(5人)連れて、試しに初参加してみたのですが、なかなか楽しかったので、今年は去年同様、調布ジュニア将棋教室から1チームと、さらに棋心教室からA、Bの2チーム、全部で3チームという大部隊での参加でした。
いや~、でも、親御様が協力してくれて現地集合してくれる子供は良いのですが、今回は、京王線の分倍河原駅、調布駅の2回待合わせしながら11人の子供達+親協力者3名で自分含めて総勢15名の高島平までの団体旅行は大変でした。。来年はもう少し人数絞って、親が引率してくれる子供限定での参加にするとか、何かやり方考えないといけないと思いました。

さて話が脱線しかけていますが、大会の様子に戻して、まずは、3チームの紹介。対局写真を使います。

棋心教室Aチームです(写真左側から座っている5人)。学年に関係なく、最強教室を決める教室対抗戦に参加です。
s-1棋心教室A

調布ジュニア将棋教室チームです(写真左側から座っている5人)。学年合計が28以下(小学生はそのまま1~6、中学生は学年=7でカウント)の教室交流戦・王将杯に参加です。
s-2調布ジュニア将棋教室

棋心教室Bです(一番手前、顔が見える側に座っている5人)。学年合計が20以下の教室交流戦・玉将杯に参加です。
s-3棋心教室B

大会会場の様子等も写真を使って少し紹介しておきます。
まずは、対抗戦の対局風景から。
s-4対抗戦風景

この大会では、予選等で早く敗退してしまったチームメンバーには3勝で賞品がもらえるオープン戦が行われます。写真はオープン戦の様子ですが、自分の香1本の合宿参加者が結構見かけられたり、です。
s-5オープン戦

また、希望者には抽選ではありますが、来場棋士による指導対局が行われました。今回の来場棋士は、村山慈明七段と阿部健治郎七段でした。うちの交流戦参加の2チームは早々と敗退してしまったこともあって、指導対局はいっぱい受けさせていただきました。苦笑。
s-6指導対局

そして、大会結果ですが、さきほど書いた通り交流戦参加の2チーム(調布ジュニア将棋教室=王将杯、棋心教室B=玉将杯)は早々と敗退して、全く入賞に絡むことは出来ませんでした。しかし、6チーム参加の将棋対抗戦では、棋心教室Aは、見事、準優勝となりました!勝敗表の写真を掲載です。
s-8対戦表

対抗戦クラスは最初の3戦で全勝チームがいなくなるという大混戦でした。結果的には第1戦の江古田教室vs棋心教室Aが決勝戦だったという形になってしまいました。ここを3-2で乗り切った江古田教室が優勝、うちら(棋心教室A)が準優勝。将棋内容も接戦、逆転と惜しかった!

さて最後の写真はお約束の表彰写真です。対抗戦準優勝、棋心教室Aチーム!おめでとう!
s-0準優勝

準優勝は優勝した江古田教室と4勝1敗と同率で勝ち数勝負でしたから、本当に惜しかったわけですが、このチーム編成をしたときに、優勝には少し足りないだろうな、と予想していたのですが、チームワーク良く、思ったより勝ってくれました。メンバーで全勝も全敗もいなかったですし、第3戦とかは、上2人が負けて、下3人が勝つという予想していない勝ち方も出来ました。笑。
来年は事情によりこのチームの上2人は不参加になりますので、今年のように勝つのは難しいと思いますが、教室で1年間鍛え直して、またひと暴れ出来るように頑張りたいと思います。





テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

第6回香1本強くなる子供情熱将棋塾

7月26日(火)~28日(木)に神奈川県 七沢温泉の福元館を貸切りで開催しました題名の子供合宿について、写真中心で紹介します。
いろんなところで、子供合宿は行われているようですが、本当に、この合宿はこれだけは自信があるっていうか、他に類を見ることが無いというか、それは、徹底的な将棋三昧ということです。寝たり食べたり、人間として最低限必要なことをする時間以外は、本当に将棋しかしてないです。笑。第1回を行う前には、バーベキューや花火をやったらどうか、とか、いろいろ考えたのですが、やっぱり将棋キッズは将棋指すのが、一番だよね、というわけで、現在に至っております。

さて最初の写真はお約束の集合写真です。参加者の子供達には文化の旅企画から、この写真をプリントして差し上げております。
s-0集合写真

そして、この合宿の最大の売りである指し放題の指導対局です。
うちの子供合宿には唯一毎回参加の門倉先生指導中です。
s-1門倉先生指導中

上村先生指導中です。
s-2上村先生指導中

石田先生指導中です。
s-3石田先生指導中

川崎先生指導中です。
s-4川崎先生指導中

次は指導対局と車の両輪とも言えるクラス別将棋大会の対局風景写真を何枚か紹介です。子供たちの真剣な表情を見てやってください。まずは、その1。
s-5クラス別対局1

その2。
s-6クラス別対局2

その3。
s-7クラス別対局3

その4。
s-8クラス別対局

その5。
s-8クラス別対局追加

そして、真剣に将棋を指していますが、最近の子供達は、SNS世代と言うべきなのか、親が自分の子供の写真を撮ってはFacebook等でアップしているためか、写真に撮られなれているのか、練習対局中に自分がカメラを向けると、こんな反応してくれます。いやー、イイネ!!笑。
s-9練習対局

さて、朝食後の8時半から昼食はさんで夕食前18時までは、クラス別対局と指導対局ですが、夕食後19時~21時は対局カードを使って、ミニ将棋大会です。三連勝か5対局で景品ですから、バンバン指した方が、はっきり得です。景品は、最近はもう決まっていて、将ちゃんノート、駒消しゴム、将棋ボールペン、将棋雑誌付録小冊子です。ちなみに、1番人気は将ちゃんノートですが、次に人気なのは、付録小冊子というのが、最近のトレンドです。笑。小冊子で将棋の勉強をしたい、ということみたいです。

いつもはこのミニ将棋大会では、自分は手合係でメークマッチするのに忙しくて写真はほとんど撮れないのですが、今回の合宿では大学生2人の協力により、写真を撮れています。こんな感じ。ミニ将棋大会も盛り上がっていますね~。ほぼ全員参加ですから。
s-12ミニ将棋大会1

さきほど書きました通り、今回の合宿では大学生2人が子供達の相手をしてくれて、自分の運営負荷がかなり軽減されました。大学生の紹介をしておきましょう。

まずは子供合宿2度目の参加の東洋大 麦屋くん。子供達の感想戦に参加してくれています。
s-11b麦屋くん

もう1枚、ミニ将棋対局も終わった夜の9時以降の大学生による指導対局会。後姿、身体のでかいのが麦屋くん。
s-11東洋大麦屋くん

そして、もう一人は電通大の春名くん。彼は自分の調布の子供将棋教室を毎週手伝ってくれています。江古田教室で子供のころから飯塚先生に教わっていた(第一期生)とのことです。社団戦でも今年は江古田教室から参加です。
s-10電通大春名くん指導中

もう1枚、感想戦風景から。実はこの対局が事実上の天空Sクラス(最上位クラスです)の優勝決定戦になりました。
s-10b春名くん

最後の1枚は、天空Aクラス(初段~4級)の2~4位順位決定戦の様子です。4勝2敗で4人が並んでしまったため、最終日に時計使って、プレーオフ実施です。3位まではトロフィーが出るのと、4、5位は敢闘賞で色紙ということで、白熱の戦いでした。
s-14プレーオフ

クラス別対局の入賞者のお名前は、文化の旅企画のHPの方に書いておきましたので、興味のある方はそちらを見てください。

また、次回の子供合宿は、冬休み、というか年末ですね、12月28日(水)~30日(金)の日程、場所は今回同様に福元館で予定しています。今回、参加できなかった将棋キッズの親御様方、ぜひ次回参加をご検討ください。それと、合宿での手伝いの大学生は、やはり文化の旅企画のHPでアルバイト募集していますので、そちらを見て応募いただければと思います。





テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

社団戦2016二日目 その3

社団戦二日目は引き続き知り合い、お友達のチーム紹介です。

まずは4部リーグ白のセガ。最近江東区の合同将棋合宿や自分の主催する樹林将棋研究会とかで立て続けにご一緒している奥田さんの顔が見えます。奥田さんと社団戦の話をすると、いつも言うのが、第1回から全参加、という話です。第1回はお試し(?)で、8チームの参加だったとか。自分は第1回は知らないですけど、日立で第2回から多分3~4年は参加していましたが、確かにセガはそのころからずっと参加していましたね。当時の日立半導体部門にとって、セガは最大の顧客のひとつでしたから、印象に残っています。田町の長谷工の体育館でやってた頃で懐かしいです。

s-14-0803セガ

2部リーグ赤のゼファー。北さんのチームなので、来日外国人愛棋家棋家たちをこのチームで出場させていますね。アマチュア時代のカロリーナや当時のヨーロッパチャンプのセルゲイ・コルチスキーとかもこのチームで出場。棋心最強研にときどき遊びに来てくれます宮本さんの顔が見えます。

s-15-0803ゼファー

4部リーグ赤のナイス棋友会。奥の方に棋心最強研の常連の内野さんの顔が見えます。この日、内野さんはうち(文化の旅企画)の打ち上げにもジョイントしてくれました。仲良しの田尻さんも一緒でしたからね~。

s-16-0803ナイス棋友会

6部リーグ白のねこまど。棋心にも良く遊びに来る内山あやちゃんと清家さんが並んで指していましたので写真をパチリ。お二人は棋心支部会員でもあります。

s-17-0803ねこまど

1部リーグの一橋大学OB。現役学生で、棋心の研究会で奨励会員や研修会生と指しに来てくれていた渡辺くんの顔が見えます。渡辺くんは最近はなかなか忙しく、都合がつかなくて来てくれていないのですが、関東の個人戦でも上位に入ったようですし、また棋心に指しに来て欲しいです。なお、右側はオール明治で前に紹介した山内くんの顔も見えます。

s-18-0803一ツ橋OB

1部リーグの慶應将研三田会。慶應将棋部OBの自分はこの会に属していますが、ここで出場しているのは、自分よりだいぶ後輩で、しかも、自分が将棋を全く止めていた時に活躍していた年代なので、個人的にはあまり良く知らないメンバーです。社団戦では1部と2部をエレベータのように行ったり来たりしているみたい。

s-19-0803慶應将研三田会

2部リーグ白の江古田教室。学生知り合いチームが続きますが、大将で指しているのが電通大の春名くん。彼は自分の調布子供教室を毎回手伝ってくれています。相手は古巣NECの長岡さんですが、昨日、調布の教室で話をしたら、この対長岡戦は春名くんの勝利とのこと!びっくりしました!(今、盤面見ると、対ゴキ中、超速の超急戦型。研究勝ちかな?笑。)

s-20-0803江古田教室

4部リーグ赤の北大OB。またも大将は久保田くん。この日LPSAブースで藤森哲也さんのサイン本がたくさん売られていましたが、それを朝、運び込んだのは久保田くんだそうです。自分が、その本を購入すると言ったら喜んでいました(実際に買いましたよ~、久保田くん。笑。)

s-21-0803北大OB

3部リーグ赤の星組2008。大将に慶應同級生の稲垣さんが座っていたので、写真をパチリ!このチームは毎年3部と4部をエレベータしているそうで、今年は3部でなんとか残留したい、とのことでした。

s-22-0803星組2008

2部リーグ赤の税理士会。いつも大将に座っている慶應将棋部先輩の高崎さんの姿が見えませんが、同先輩の田中さんの顔が見えます。初の2部の税理士会は厳しいのではないかと思っていたのですが、初日指分けはやるなー、って感じでした。でも、この二日目は相当苦戦したみたい。

s-23-0803税理士会2

1部リーグの天チル1。誰が出場しているのかと見てみたら、棋心最強研にもたまに参加してくれる石井直樹さんがいたので、写真をパチリ!1部でも初日4連勝していましたが、この日は2勝2敗だったみたいで、さすが、1部は厳しいと感じた次第。

s-24-0803天チル1

6部リーグの天チル3。棋心にたまに遊びに来る渡邉さんと、おっ、大和さんの顔も見えます。大和さんには中村太地先生の親子向けの将棋イベントのときにだいぶお世話になりました。そのイベントのときに、大和さんは指将棋普通に四段くらいって、天野さんから聞きましたが、この日は4連勝したみたいでさすが、です!(最後は棋ス相手で、うちは3-4負けでしたが。。止む無し。苦笑。)

s-25-0803天チル3

次はチームではないですが、この日、初のブース開きをしていた富士駒の会で写真撮影。最近、駒に興味津々の自分にとって、駒の会の社団戦ブース展示は嬉しい限り。この日も、会の人ともいろいろ話が出来て楽しかったです。

s-26-0803富士駒の会

そしてさらにもう1枚。いやー、もう少し安かったらこの駒箱、買っていました。中原さんは自分が将棋始めた頃に名人になったので、自分にとって、名人と言えば、中原さんだったりするんですよ。しかも、最近は良い駒を買ったら、それに見合う駒箱も必要、と思うようになったりしていますしねー。

s-27-0803富士駒の会2

以上で、二日目の写真紹介おしまいです。次は8月28日(日)の三日目、文旅・棋ス・棋ジの3チーム共、勝利目指して頑張ります!!




テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

社団戦2016二日目 その2

社団戦2016二日目のレポートその2です。その1では文旅・棋心関連チームの成績報告でしたが、その2では、会場で見かけたお友達や知り合いのチームを写真で紹介します。

まずは最初はチームではありませんが、LPSAのブースから。

s-0-0803LPSA.jpg

この日は前日のツイッターで藤森哲也四段のサイン本を売り出すことを聞いていたので、早々と中飛車左アナグマの対策本を購入しました。

さて、チーム紹介。6部リーグ赤のShogi乙女。高橋和さんの話題の今期新規参入チームです。対戦相手のオレンジはもちろん棋心スピリットです!

s-1-0803Shogi乙女

6部リーグ白。野島道場心の駒vs棋心ジュニアです。野島の方の大将、松岡さんはいつも野島道場でも顔合わせしていますし、私の樹林将棋研究会も毎回のように参加してくれています。

s-2-0803棋ジVS心の駒

6部リーグ白。名寿備梅vs棋心ジュニアです。名寿備梅の副将に座っているのは、元女子アマ王位の磯谷真帆ちゃん。うちの香1本の合宿に、津田沼の仲間の子供達と一緒に参加してくれて、おかげで初の子供合宿を催行できて、今でも感謝、感謝、です。

s-3-0803名寿備梅

3部リーグ赤。川合研ɤ vs 文化の旅企画です。3部赤で首位を全勝で走るドラの穴への挑戦者決定戦でした。相手の大将川合さんは、気合のマイ駒使っての田尻さんとの対戦でした。

s-4-0803川井研vs文旅

6部リーグ赤。天チル3vs棋心スピリットです。この日ここまで3連勝と初日の不調を脱した棋スチーム。上位進出を賭けた天チル3との決戦でしたが、残念無念の3-4負けでした。

s-5-0803天チル4vs棋ス

2部リーグ赤の日立。自分の古巣チームであります。職団戦は今でも自分は日立製作所で参加しています。
職団戦では一緒の高島さんや、佐藤さんの顔が見えます。去年3部から2部の昇級も、今の日立の戦力だと2部は厳しいって感じはしますね。ちなみに文旅・棋心チームのゼッケンがオレンジ色なのは、日立出身の自分としてはこの色(オレンジ)にしたかったから。

s-6-0803日立

3部リーグ赤のNEC第2。自分は日立将棋部と、実はNEC将棋部の出身でもあります。と、言ってもNEC将棋部は2010年に半導体業界のリストラによりNEC、日立、三菱の三社合弁のルネサスエレクトロニクス(持ち株の関係で当時NEC関連会社)が出来てから、と比較的最近。第2チームは、NEC玉川将棋部メンバーが中心。初日は勝てなくて厳しい状況でしたが、二日目はメンバーかなり増強したようです。

s-7-0803NEC第二

2部リーグ白のNEC。長岡さん、川村さんの顔が見えます。続けて自分の古巣チームの紹介です。将棋を十数年も全くやっていなかった(観る将もしていなかった、苦笑)自分が、偶然、当時の同僚半導体営業の人に誘われて、NEC将棋部にジョイントしてからの2011,12の2年間は社団戦に駆り出されてこのチームで指していました(当時は1部)。NECは社団戦でなく、日本一を学生と争える職団戦重視なんですよ。

s-8-0803NEC.jpg

2部リーグ白のRG(ルーキーゲート)。ど真ん中の4将にNECの清水上徹さんの顔が見えます。さっきも書いた通り、NECは職団戦重視のため、清水上さんは社団戦では自分のチームで参戦です。RGが1部に上がったとき、清水上さんが(自分は勝たないけど)自分の将棋教室の生徒が、勝ってくれたので1部に上がれた、って、言ってましたが、このせりふ、将棋教室開催している自分も一生に1回で良いから言ってみたいです。

s-9-0803RG.jpg

3部リーグ白のWARM。去年は同じ4部赤でぶっちぎられましたが、今年は3部の赤白で分かれています。棋心最強研の一番の常連さんとも言える太田さんの顔が見えて、思わず写真撮影です!笑。

s-10-0803WARM.jpg

5部リーグ赤のオール外語大。棋心最強研の常連北さんの顔が見えます。2部のゼファーとこのオール外語大の2チームは北さんのチームです。

s-11-0803オール外語大

1部リーグのオール明治。棋心最強研の最多優勝&永世棋心の大岩さんの顔が見えるのと、手前の方に現役学生の山内くんの顔が見えます。山内くんには、うちにくる奨励会員や研修会員と一緒に研究会やっていただいております。

s-12-0803オール明治

4部リーグ白のシマケン2。練馬の竹井さん宅他、各所で一緒になる山下さんの顔が見えます。シマケンはもうこのチームしか参加していないのかな。。

s-13-0803シマケンⅡ


さて、今日はこのへんにしておきます。まだ紹介する写真があるので、続きはその3で!





テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

社団戦2016二日目 その1

7月31日に社団戦二日目が行われました。報告その1では、文化の旅企画関連の3チームの成績紹介をします。

まずは参戦3年目の文化の旅企画チーム。去年4部では12勝3敗の成績で準優勝。今年は3部リーグ赤で参戦中です。今年ははっきりと連続昇級の2部狙いと公言しておりましたが、初日は残念ながらドラの穴に3-4負けを喫して3勝1敗でした。二日目は、下の写真のメンバー7人で臨みました。

0801社団戦二日目文旅チーム

初日とは4人のメンバーが入れ替わりましたが、初日研修会で不参加の佐伯くん、小窪くんの奨励会入会試験受験組二人が参加して、おそらく文旅チーム史上最強のメンバーだったように思います。
二日目の成績は、第1戦が東大いりえ戦で6-1勝ち。昔の学生強豪いっぱいの東大いりえチームですが、今回は初日4連敗と、昔の名前だけで勝つのは難しくなって来てますね~。第2戦はRitsと1敗同士の上位対決。結果は5-2勝ちで1敗キープしました。そして、第3戦は優勝候補と目されている川合研ɤ。川合研は、6部でうちから出ている麦屋さんによれば、3チーム去年出場していたのを統合して1チームだけ出場とのことで、初日も4連勝でドラの穴と首位並走中でした。初日にドラの穴に既に1敗喫している文旅チームとしては、何としても川合研の全勝を止めて、1敗キープで首位追走したいところでありました。そして、結果は文旅の5-2勝ち。山場の一戦を勝利で飾りました!最後の第4戦はPPK戦でしたが、実は、ここも1敗対決でした。勢いに乗った我々はここも6-1勝ちと、昇級した去年も1回もなかった1日4連勝を達成しました!1日4連勝は一昨年の3日目以来、チーム史上2度目のことです。あのときは、今は奨励会に入っている新田康輔くんが社団戦初登場した日でした。
さて、文化の旅企画チームの二日目成績を纏めると、以下の通りです。(〇数字はリーグ内順位、勝敗は文旅から見て)

1回戦 ⑥東大いりえ 6-1勝ち
2回戦 ②Rits 5-2勝ち
3回戦 ⑭川合研ɤ 5-2勝ち
4回戦 ⑩PPK 6-1勝ち

二日間通算の勝敗は、7勝1敗(勝ち数は41)

次に6部赤の棋心スピリットチーム。初日は初戦のJR東日本戦でまさかの0-7敗戦を喫したためか、2勝2敗は可もなく、不可もないといった感じの成績ですが、本来の実力はとても発揮できているとは言えない状況です。この日のメンバーは以下の写真の通りの9人でした。(ひとり先に帰って写真は8人)

0801社団戦二日目棋スチーム

棋スチームは、この日は話題の高橋和さんの将棋乙女チームと当たったりでしたが、初日の成績に発奮した人も結構いて、3勝1敗となりました。4回戦の天チル3に3-4負けが残念無念。4連勝だったら、上位浮上出来たと思いましたが。。
棋スチームの二日目成績を纏めると以下の通りです。(〇数字はリーグ内順位、勝敗は棋スから見て)

1回戦 ③専大ポルトノ 5-2勝ち
2回戦 ⑬Shogi乙女 7-0勝ち
3回戦 ⑩ペンクラブ 5-2勝ち
4回戦 ⑦天野チルド3 3-4負け

二日間の通算成績は5勝3敗(勝ち数は33)

そして、棋心ジュニアチーム。初段前後の子供チームなので、6部でも勝てるか心配していましたが、初日は3勝1敗の好スタートを切りました。しかし、真価を問われるのはこれからで、この日のメンバーは以下の通りで7人ぎりぎり。子供チームに必要な纏め係は久々登場、電通大将棋部の山岸くん。電通大将棋部の学生さん達にはいつも調布の将棋教室を手伝ってもらっています。この棋ジチームも半分は調布や府中の教室の子供達です。それにしても、この子達、写真の表情見てもわかるけど、本当に社団戦を楽しんでいますね~♪

0801社団戦二日目棋ジチーム

棋ジチームのこの日の成績ですが、昇級ライバルとも思えるチームとの連戦で3-4の惜しい負け2つが響いて2勝2敗でした。エースとも言える小雀くんの不在が響いた形でした。最後の杉並区役所の7-0勝ちは、この日の都知事選で区役所の人はお休みすることが出来ず、実は不戦勝でした。でも子供たちは将棋を指したかったはずで、残念。選挙では仕方なかったですが~。
棋ジチームの二日目成績を纏めると以下の通りです。(〇数字はリーグ内順位、勝敗は棋ジから見て)

④楽将会21 4-3勝ち
①野島心の駒 3-4負け
⑭名寿備梅 3-4負け
⑧杉並区役所 7-0勝ち

二日間の通算成績は5勝3敗(勝ち数は37)

さてー、次は約1ヶ月後(もう1ヶ月後とも言えそうです)の8月28日です。それぞれのチームが昇級できるように、また全力で頑張ります!!






テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

プロフィール

kigokoro2015

Author:kigokoro2015
囲碁・将棋の旅行企画や教室等をやっています。
平成26年度 社団戦に子供チームで新規参入!
府中囲碁将棋サロン 棋心 開設!
平成28年度 高田馬場将棋教室・道場 棋心 開設!
文化の旅企画・棋心 代表 石田克彦

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
88位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。